PVC材料の基本特性

- Jan 29, 2018 -

純粋なポリ塩化ビニルの密度は1.4g / cm3であり、可塑剤や充填剤などのPVCプラスチック部品の密度は一般に1.15-2.00g / cm3です。

PVCは良好な引張り、曲げ、圧縮および耐衝撃性を有し、構造材料として単独で使用することができる。

軟質PVCの柔軟性、破断点伸びおよび耐寒性は向上するが、脆性、硬度および引張り強度が低下する。

PVCは電気絶縁性が良く、低周波絶縁材料として使用でき、その化学的安定性は良好です。 PVCの熱安定性が悪いため、長時間加熱すると分解が起こり、HCLガスが放出されてPVCの変色が起こりますので、その適用範囲は狭く、温度は一般的に15〜55度です。


上一条: PVCリジッドPCB 次条: 無

関連業界の知識